お知らせ

2019年2月
« 1月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728 

 先日、ブログでスタッフ採用の文章を掲載しました。

新しいスタッフがきまりました。皆様ご協力ありがとうございます。

 10月頃には新しいスタッフの紹介をホームページでもさせてもらいます。

                         藤原

カテゴリ:

 当院では現在パートのスタッフを募集しております。

勤務の時間は9時から19時の間で4~5時間くらいで相談に乗ります。

 仕事内容は動物の治療の補助、受付業務、トリミング業務などです。

 動物が好きな人歓迎します。

興味のある方は動物病院まで電話ください。

                       藤原

カテゴリ:

 7月27日(金)の午後の診察時間を都合により18時30分までとさせてもらいます。

 なお、お盆の期間、8月11日、12日が連休となりますが、13日(月)をお休みとさせてもらいます。8月14日(火)は通常通り診察しております。

 ご迷惑お掛けしますが宜しくお願いします。

                        藤原

カテゴリ:

湿気で洗濯物が乾かないのは困りますね(>_<)

病院ではバスタオルが多いからよけい乾きません。

梅雨は憂鬱ですが、終わったら暑くなる・・・と思ったらそれもちょっとちょっと憂鬱です(´ω`)

これからは熱中症対策していきましょう♫

 

        中央動物病院 スタッフ

カテゴリ:

 ワンコ、ニャンコを飼われているオーナー様で、ワンコ、ニャンコが

皮膚のトラブルで困っている方多いと思います。

アレルギー皮膚炎、アトピー性皮膚炎などなかなか完治が難しい症状です。

ですが、ノミ、ダニの駆除、食事療法、シャンプー、サプリメントなど今は様々な

皮膚のトラブルを押さえる商品がでています。

皮膚病も重度になると治療がますます大変です。

 なにか出来ないかと困っている飼い主様はご相談ください。

 

                              藤原

 

 

 

 

カテゴリ:
2018/04/25 連休前

もうすぐゴールデンウィークですね。

旅行などの計画をたてている飼い主さんもいるかもしれません。

僕も1泊ですが福岡に計画しています。どんたくと日程かさなるようで

人多そうです。

 わんこ、ニャンコの飼い主様 フィラリア、ノミ、ダニの予防ははじめましたか?

ゴールデンウィーク前までに予防をおすすめします。

ゴールデンウィーク中の診察はカレンダー通りで5月1日、2日は通常どおり診察しています。

 ゴールデンに旅行などいかれるかたは体調、事故などにお気をつけ下さい。

                          藤原

カテゴリ:

 ワンコ、ニャンコのオーナー様

 暖かくなり春を感じる日が続きます。

ワンコ、ニャンコもそろそろ、フィラリア、ノミ、ダニの予防など薬を持って行く人がちろほら。。。

ノミダニの予防薬にも、背中に垂らすタイプ、チュアブルタイプ、3ヶ月効果がつづくものなど色々販売されています。

このたび、ハードタイプの錠剤でビーフフレーバー味のものが新発売となりました。

月1回投与。価格は体重で1200円から1800円程度。興味ある方は病院まで相談ください。

                                   中央動物病院  藤原

 

カテゴリ:

 4月3日(火),6日(金)10日(火)17日(火)

が狂犬病集合注射に日程となっております。

午前中が院長不在となります。午後は通常どおり診察しております。

 宜しくお願いします。

                                   中央動物病院

カテゴリ:

 ペットの飼い主様へ

 ここ数日少し寒さもやわらいだような。

今週雨の日もあるようで少しづつ暖かくなり冬も終わるのかな?

今年は寒波が数回きて大雪の日も。。夏は暑く、冬は寒く、春、秋が

無くなっているような。。温暖化の為か?

 3月、4月、フィラリア、ノミの予防をそろそろはじめる案内も皆様に出していく

準備をしていきます。

心配な方はいつでも病院までご相談を。。。

                     藤原

 

カテゴリ:

ペットのオーナー様

 昨年の夏以降、人が犬や猫からSFTSウイルスに感染したとの報道が相次いだ。

昨年7月、西日本にすむ50歳代の女性が野良猫にかまれた後に、SFTSを発症して死亡したことを明らかにした。

SFTSはマダニの刺咬により感染、発症し死亡率は2割に上るそうです。

 現在SFTSの治療は対症療法しかなく、発症した患者の2割は重症化し死亡にいたるようです。そのような状況で、

SFTSの特効薬として抗インフルエンザ薬として開発されたファビピラビルに期待が寄せられているようです。治験段階のようですが、投薬でウイルス量の減少、病態は開腹、重篤菜副作用も認められないようです。

この特効薬が適応されたらペットの皆様にも安心ですね。

                                    藤原

 

 

 

 

 

 

カテゴリ: