お知らせ

2021年4月
« 3月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930 

 ワンコの飼い主様

 ある文献からですが

アトピー性皮膚炎について

特定の犬種で発症 ウエスティ、シーズー、パグ、ボストンテリア、フレンチ、ミニチュアシュナウザー、ラブラドール、ヨーキー

診断基準   1 3才以下で発症

       2 室内飼育

       3 ステロイドに反応する

       4 慢性、再発性の真菌の増殖

       5 前足に症状有り

       6 耳介外側に症状ある(外耳炎)

       7 耳介辺縁に症状ない

       8 背部~腰部に症状がない

       以上の基準を5つ以上満たす場合、アトピー性皮膚炎の疑いつよい。

アトピー性皮膚炎のワンコをしばしば診察します。それ以外にもノミ、ダニ、食事性、季節性などが原因で多いように思います。

ワンコの皮膚病の症状、環境などより効果的な治療が必要です。皮膚病も完治が難しい場合もあります。

これから春にむけ、フィラリアにくわえ、ノミ、ダニ、疥癬の予防。定期的な皮膚のチェック、トリミングなどをおすすめします。

                                           藤原

カテゴリ: